stiffeen records  
第1回 - レコ道開通
第2回 - あすなろ編
第3回 - 名音編
第4回 - 町田氏登場!
第5回 - 斉藤氏と仲間たち
第6回 - 岡くん登場!
第7回 - 久々に二人で
第9&10回 - エビナ君登場
第11回 - ノブオ襲来
第12回 - 最終回


< トップ
 
レコ道2 レコ道第2回
角張:こんにちわ。この青春グラフティ系連載も無事二回目を迎えられました。いや〜よかったね〜。
安孫子:良かったね。正直連載打ち切りになったりするんじゃないかとハラハラしてましたよ。マンガ道だけにね(笑)。
角張:このキャラクターはマンガ道の才野と満賀のキャラクターをサンプリングさせてもらってます!一部では大好評でしたけど、どうでしょうか(笑)。
安孫子:コチ君(RGM grafic)のGOOD JOBに頭下がります。
角張:そうだね〜。さすが、コチ君だね。今回もいい仕事です。
安孫子:うん。あ、そういえば渉君(角張)最近パンクロック聞いてないって話があがってますが(笑)。
角張:ドキ!(笑)いやいや聞いてますよ。でも確かに家ではあんまり聞かなくなったかもな〜。時期もあるけど。
安孫子:にゃるへど。最近は何聞いてたの?
角張:やっぱりTED LEOかな〜。パンクとも言い切れないけどさ。あとね、BREAD&CIRCUITかな。
安孫子:TED LEO!先月から引き続きだけど、セカンドをこの間購入して非常に良かったよ。
角張:何度もゆうけど、いいよね。アビチャンは?
安孫子:この間LINKSの稲垣に薦められて、いまさらですがSTEREOPHONICSの1stを買ったら、いや本当に良くてびっくり。最高でした。ヘビーローテーション中です。
角張:懐かしい。僕も大学生の頃にすげー聞いたよ。色々思い出深いな。
安孫子:うんうん。じゃあ今回はさ、色々な話をしていきましょうよ。たとえばさ、海外のバンドのライブで良かったやつとかさ。
角張:あ〜。なるほどね。まあ、この連載自体はこの「ほのぼの」した感じ(日常的な)を売りにしているからね。マンガで言うなら「三丁目の夕日」的な。う〜んちょっと違うな。やっぱり「マンガ道」を目標にしましょう。
安孫子:はいはいはい(笑)。
角張:(笑)はい、来日ね。よかった来日は最近だとジェラシック5はすこぶる良くて。びっくりするくらいエンターテイメントとして完成されてて、最高!もうたまらん〜(笑)。
安孫子:俺は去年のRUBINOOS!もう最高すぎでした。ロフトで見たんだけど、すげー感動したよ。あとはMATES OF STATESかな。かなりびびったよ。ライブが非常によくって。
角張:俺も古いけど、DISMENBERMENT PLANかな。ドラム半端なくて。殺し屋みたいだった(笑)。あとはQ AND NOT U!音楽製造人間で非常にかっこよかった。一緒に写真とっちゃった(笑)。
安孫子:見れなかったんだよね〜。悔しいな、プンプン!
角張:さて、話題変えまして(笑)。5月、6月という梅雨入り前のこの季節。なにかこうジメジメしている感じなので、それを乗り切る今月の1枚とかどうでしょう?
安孫子:いいね〜。しかし俺らガンガン話題が変わっているね(笑)。
角張:(笑)。まあ、最初に色々話をしていくという振っていくと前置きしといたから(笑)。しかし、このテーマはエクストラで僕が連載していたやつと似ているな(笑)。いま気付いた。
安孫子:まあまあ。梅雨だからスカッとするやつでしょ?
角張:そうです。あれだよ、カビとかはえなそうなレコードだよ(笑)。
安孫子:この間BASE(高円寺のグッドレコードショップ!)で買ったやつで
「SOOPHIE NUN SQUAD:ABE FROMAN」のスプリットがいいんじゃないかな?(といってターンテーブルにレコードをのせる安孫子真哉24歳)
角張:知らないな〜。ワオ!めちゃめちゃイントロのボーカルかっこいい!あ・・かっこいい。
安孫子:「ABE FROMAN」だね。すげーいいよね。泥、泥だけど(笑)。
角張:めちゃいいよ!展開多くて、音もなんかルーム感あって。これ買います(笑)。
安孫子:これはどうかな。ライブみてやられてレコード、CDどちらも買ったOUT OF TOUCHの"GRASS ROOTS"(といって音を切り替える飛行機が嫌いな安孫子真哉24歳。)
角張:おお〜OUT OF TOUCHの新しいやつだ。うわ、これもすげーかっこいいね。いっぺい君のギターもやっぱりすげ〜。つうかこれやばいくらいイイネ。
安孫子:でしょ!すげーかっこいいよ。これ安いし、内容も最高だし。
角張:これも買います!中ジャケットの写真もすげーいいね。あがりました。
安孫子:さらに、コステロ好きな渉君は多分一発でスカっとするよ。
角張:なになに。
安孫子:この間買ったコステロのブートのライブビデオを買ったんだ。83年の映像って書いてあったんだけど、見てみたら70年代のコステロの映像が入っていてさ。これがやばい!(といってビデオをセットする、寝台列車で福岡にいきたい安孫子真哉24歳)
角張:うわ〜コステロのまだ細くて、尖っていたころじゃん(狂喜)。1stの曲じゃん。うわ〜。アトラクションズも若い(笑)。 すげーいいよ。(この後コステロが一旦演奏を止め、セカンドの名曲RADIO,RADIOを演奏する)やべー、最高!たまらない。
安孫子:けがの巧妙ってやつっすよ。"RADIO,RADIO"は本当に名曲だね。あがった?
角張:あがったよ。いや本当に。最高!やっぱりコステロだね。靴とかすげーかっこいい(笑)。
安孫子:どうでしょう角張さん、梅雨は乗り切れますか?
角張:アビちゃんが今回すすめてくれたやつがあれば、梅雨なんて屁でもないね(笑)。すごい。

角張:先月もいっていたけどさ、来月はもうちょいネタを仕込みたいね。
安孫子:そうだね(笑)。いやでも、今回は今回で楽しかったね。
角張:そうだね(笑)。来月もよろしくおねがいします。
安孫子:はい。よろしくおねがいします。
角張 渉
1978年宮城県で生まれる。 SNOTTYでボーカル、BOYS NOWでは
ボーカル/ギターを担当。安孫子真哉と1999年にSTIFFEEN RECORDSを設立。
安孫子真哉 
1978年山形県でうまれる。GOING STEADYのベースを経て現在は
銀杏BOYZにてベースを担当。1999年STIFFEEN RECORDSを角張渉と設立。
 
 
 
 
about release liveschedule shop links messageboard contact  
copyright  2003 stiffeen all rights reserved  
 
nssgraphica